ブレスマイルは効果ないけど我慢するべし?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の口臭ってよくわかりませんが、臭いときってなんとなくわかります。

 

でもそうでないときも臭いのかどうなのか。

 

一度奥さんに口臭がひどい、と言われたことがあるのですが、毎度毎度、奥さんに聞くわけにも行かないと思うのです。

 

 

最近は、花粉症もひどいのでマスクをしているのですが、そのせいで口臭がわかりやすい。

臭うときと臭わないときがありますが。

 

マスクをしていると大丈夫なのですが、それをしていないときには、口臭が気になって人と話しにくいのです。

 

 

しっかり歯磨きも毎回やっているし、虫歯もありません。(たぶん)

 

うがいもちゃんとしています。その直後は大丈夫なのですが、そのあとですね。

 

会社のスポーツサークルでフットサルをやっていたり、あとはプライベートでバスケをやっているのですが、そのへんでも大丈夫なのかな、と。

 

ブレスマイルというものを見つけました。

 

ネットでは口臭対策の方法はいろいろと出ていますし、そのためのアイテムもいくつか見当たります。

【口臭対策サプリ】BRESMILE(ブレスマイル)

ブレスマイル

ブレスマイルの場合は、

  • 歯科医師が開発に関わっていること
  • 全額返金保証がついているということ
  • 実績がそれなりにあるということ

ということが決め手となりました。

 

効果あるのかどうか

あまり口臭を気にせず何でも食べる、というのもどうかと思うのですが、あまり気にならなくなったのは確かなのです。

これは体調によるものなのかどうかはわかりませんが、もう少し様子を見る必要はあるかな、と思います。

しかし、嫁確認では、今のところは大丈夫っぽいです。

特にハァ~っと息を吹きかけたわけではないのですが。

 

実の所を言うと、自分の子どもちょっと口臭があるのです。

中学生になったばかりということで多感な年頃なのですが、これによって、友達ができにくくなるんじゃないか、と余計な心配もしています。

どこかの段階で、予防に、ということでブレスマイルを舐めさせたいな、と思っています。

もちろん早めがいいですね。

 

口コミ

ちゃんとブレスマイルを使ってみたけど、全く効果がない、なんて声もあるんじゃないか、自分は単なる機のせいだったのではないか、とちょっと頭をよぎったので、他の人達はどうだったのか、口コミを調べてみたんです。

 

最強だと思ったのは、ニンニクランチを機にせず食べれるようになった、ということ。

正直なんてもったいない使い方をしているんだ、と思いつつも、にんにく料理がやめられないのか、そこにブレスマイルを使っている感じでした。それよりもニンニクランチを気にすることなく、食べられた、というのはどんな職業であれ凄いな、と思いました。

流石に接客業とかだったら気を使いますけど。

 

 

女性でも口臭を気にしていた人がいたみたいで、そういった人も救われたとのこと。

私はタバコを辞めて1年くらいなのですが、その分他の人のタバコのニオイがわかりやすくなりました。

特にアイコスなんてのは、くさすぎて吐きそうになったくらいです。

 

タバコのニオイ自体は服についたり髪の毛や体についたりするので難しいと思うのですが、講習に関してだけ絞り込めば、クリアできているみたいでした。

 

特長、成分は

冒頭でも書きましたが、歯科医師との共同開発をしてつくられています。

この辺は、信頼性も高く、歯医者さんでも販売されているみたいでした。

逆に歯医者さんに進められると相当臭いんだなって思ってしまいそうですが。

まぁ気になる人はどうぞ、というスタンスなのでしょう。きっと。

 

一過性の口臭が期待できる成分が配合

渋柿エキス

ニオイケア商品では有名なので、聞いたことある人もいるかもしれません。昔からニオイケア対策として使われているものです。

ラクトフェリン

タンパク質の一種

キシリトール

ガムにも含まれているアレですね。

 

生理的な口臭に効果が期待できる成分も配合

紫蘇の実エキス、月桂樹エキスが含まれています。

病的な口臭にも効果が期待できる成分

緑茶エキス、ラクトフェリンなど6種類の成分が配合。

消化器官の異常から引き起こす口臭に期待できる成分

センスピュール、シャンピニオンなど6種類の成分が配合。

チャブル形状で舌苔(ぜったい)清掃に最適なものとなっています。

 

 

味は?

キシリトールが配合されているので、ミントの味かと思っていたのですが、よくみると、ヨーグルトミント味ということでした。

 

まとめ

このとおり、口臭の原因とされるあらゆるものへの対処がみられます。包括的に口臭をやっつけてしまおうということなのですね。

自分の口臭のタイプがどのタイプなのか、わからなくても大丈夫なようになっています。

 

 

夏とかになると体臭とかまた別の問題が出てくるのですが、口臭はオールシーズンです。

特に口が乾いてしまうと、臭いというのがすぐにわかります。

同年代の人も、同様に臭いです。独特の匂いがします。

 

もしかして、自分もこうなのではないか、と気になってしまうのですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*